【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

ご紹介にて工事させて頂きました、薬院のT様邸のマンションリフォームです。
昭和53年竣工とのことで、築38年経つマンションのリフォーム工事をご依頼いただきました。
工事範囲は、キッチン・浴室・洗面所・玄関・廊下・リビング・和室と、ほぼ主要なお部屋のリフォーム工事となりました。
まずは、キッチン編です。キッチン上部には梁型があり、換気扇がとても低く、しかも前に出ていました。何とか、天板との換気扇との間隔を80cm確保するように入念な現地調査と設計を行いました。

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

しかし・・・工事中に、キッチンの蹴込みスペースから、なんと「排水管」が出てきました!

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

そのままでは、間口240cmのキッチンが入らないため、約8cm程度壁をふかして、左方向に設置位置をずらし、お隣りの洋間のドア裏のスペースを少しだけ利用しおさめることにしました!(汗)

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

左右方向、上下方向ともに、非常にシビアな施工となりましたが、結果バッチリ、キッチンが完成しました!

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸
【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

工事前は、ガスコンロでしたが、IHクッキングヒーターへ。調味料が換気扇の下にたくさん置いてありましたので、壁厚を利用して「調味料の収納棚」を造作しました。

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

「調味料の収納棚」は、窓枠とつなげて同じ材料で施工することで一体感を出しました。

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

アルカリ整水器がありましたが、酸性水を溜めるポリタンクの置き場に困るので、日本トリムの電解水素水整水器(グラシア)をご採用いただきました!

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸
【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

キッチンの背面には食器棚と電子レンジ台がありましたが、今回カップボードと家電収納ユニットをご採用いただきました。カップボードの吊戸棚は奥様が使いやすいように「昇降式」のウォールキャビネットとなっています。

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸
【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸
【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

限られた独立キッチンのスペースの中で、最大限に収納力を増やして、明るいキッチンが完成しました!

【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸
【マンション】マンションリフォーム(キッチン編)|福岡市中央区薬院T様邸

システムキッチン・カップボードはPanasonicラクシーナ(間口240cm)です。
当社で一番人気のシステムキッチンです。

次は、「浴室・洗面所編」へ・・・

Scroll to Top