壁・床・出窓も断熱改修で暖か水廻りリフォーム

福岡市早良区内野H様邸

施工前(Before)

施工後(After)

DATA

建物タイプ

戸建て

築年数

非公開

施工箇所

浴室・洗面所・トイレリフォーム

施工内容

浴室・洗面所・トイレ工事 
出窓の窓サッシをペアガラス仕様へ取替え 浴室乾燥暖房機、浴槽は魔法びん浴槽 壁厚収納造作壁・天井に断熱材を貼り付け トールキャビネット 「アウトセット・ドア」へ取替 バリアフリー

工事日数

非公開

工事費用

非公開

リフォーム内容

当社のお客様より、エコキュートの取替えがきっかけで水廻りのリフォームをご依頼頂きました。
今回は、お風呂、洗面所、トイレのリフォーム工事です。
浴室は、既存の出窓の窓サッシをペアガラス仕様へ取替え、約40cmある大きな出窓として残しました。
解体した浴室の内部から、ウレタンフォームを吹付けて断熱改修を行い、天井には、浴室乾燥暖房機、浴槽は魔法びん浴槽、壁・天井にも断熱材を貼り付けてあり、とっても暖かいバスルームが完成しました!

浴室と洗面所はひとつのスペースとして捉えて、プランさせて頂くことがほとんどです。
H様の洗面所には、両側に建具がついており、玄関への通路(廊下)の役割も果たしていましたが、
片方のドアは、「片引き戸」なのですが、もうひとつのドアが「開き戸」だったために、
トイレのドアと干渉していました。そこで、「アウトセット・ドア」という壁の外で開閉できる片引き戸へ取替えることに。
照明もLEDの人感センサー式へ交換し、スイッチに触れることなく、照明が点灯し、洗面所を通り抜けることが出来るようになりました。
また、浴室との間仕切り壁には、「壁厚収納」を造作しました。
あっ、棚板はもちろんつくのですが、写真どりには間に合いませんでした(汗)

7cm近くあった敷居(沓摺)を撤去してトイレのドアも取り替えて、バリアフリーへ。
既存のトイレの内側に窓(複層ガラス)を取り付け、床の断熱材も入れ替えて、暖か~いトイレ空間が完成しました。
便器は、TOTOのGGという商品で一見、タンクレスにみえますが、実はタンクが内蔵されています。
最近のトイレは、4.8Lと超節水なので、こんなにコンパクトにできるんです。
今回のトイレは、弁ふたも自動で開閉しますし、LED照明も、換気扇も人感センサーなので、何もスイッチを触ることがありません。
何でもかんでも自動って言われますが、まぁ、トイレなので、極力手に触れない方が衛生的ではありますしね。
本来は、TDYのコラボでコーディネートできたのでしょうが、窓サッシがYKKではなく、LIXILを採用。
TDYではなく、TDLで東京ディズニーラン仕様となりました(笑)

取扱いメーカー

TOTO

浴室

サザナ 1717 Wタイプ

TOTO

洗面化粧台

サクア 750幅

Scroll to Top