レイアウトを変更して使い勝手の良い水回りへ

福岡市西区生松台W様邸

施工前(Before)

施工後(After)

DATA

建物タイプ

戸建て

築年数

非公開

施工箇所

浴室・洗面所・トイレリフォーム

施工内容

浴室・洗面所・トイレ工事
浴槽:人造大理石 三乾王 200V/2室換気 ノコリ~湯ECO クローゼット扉 造作収納
手洗い器新設 飾り棚造作

工事日数

非公開

工事費用

非公開

リフォーム内容

西区の西部ガスで開催しましたリフォームのイベントにお越し頂いたことが、W様とのご縁となりました。

数年前より、水まわりのリフォーム(浴室・洗面所・トイレ)をご検討されていたというW様。
現状(工事前)のSハイムさんの変則的なサイズのバスルームや洗面所のレイアウトを、どうやって使い勝手良くリフォームが可能かのご相談を承りました。
お客様が選ばれたシステムバスルームはTOTOのサザナ1220で、今までとサイズこそ変わりませんが、浴槽は大きくなり、短辺側(浴槽を背にして)にシャワーやカウンターがありましたが、
長辺側に変わったことによって、本当に広く感じるようになりました!
オプションでは、浴槽には人造大理石仕様(ジュエリーホワイト)、3枚スライドドア、三乾王(200V/2室換気)、ノコリ~湯ECO、断熱パックなど、フル装備でご採用頂きました!

浴室とあわせて、洗面所のリフォームも行ないました。
今回のリフォームプランにあたってのミッション(使命)は、洗面化粧台の対面にあった大きな洗濯機と、90cm幅の洗面化粧台を並べて設置することでした。
工事前の間口が158cmしかなかった為、システムバスルームを目一杯奥へ設置し、浴室と洗面所の間仕切り壁を薄くしても納まらないため、浴室のドア枠部分で造作し、ご要望通りに、何とか納めることに成功しました~
普通なら、リスクを背負わずに、「さすがに、90cmの洗面化粧台は入りません。」とか、「洗濯機を買い替えてもらうしか・・」とか言うところでしょうが、工事関係者全員の努力で何とかキレイに納めることができました。
また、元々は柱型まわりのデッドスペースだった部分を解体、造作して洗面所に大きな収納部を取ることが出来ました。
工事中、何度もお客様が施工中の変わっていく様子を見られて、「わっー」とか「きゃぁー」とか言って頂きましたので、職人たちも頑張れました。

浴室・洗面所のリフォームの工程の中で、トイレのリフォームもさせていただきました。
西部ガスのイベント、TOTO福岡ショウルームなどで、細やかな部分まで実物をみながらお打合せをさせて頂きましたので、安心して工事にかかることができました。
TOTOのネオレストRH1は、給水配管が隠ぺいタイプですので、便器の中に隠れていますので、スッキリしています。排水芯を20cmへ移設したことで、可能になりました。
棚板は、ニュージーパインの無垢板で造作させて頂き、床、壁のクロスは、奥様がサンゲツのショウルームでアドバイザーとコーディネート頂きました。
薄めの草木柄が、正面のアクセント面で、爽やかな薄いグリーンが周辺壁となっています。
こういった発想は、やはりプロのコーディネーターでないと、出てきません。大変爽やかで清潔感のあるシンプルなおトイレが完成しました!

2階のトイレは、約1.2m×1.2mの正方形の「ユニットトイレ」が設置してあり、しかもコーナータイプの便器に手洗い付と、完全にSハイムさんのオリジナルのトイレルームとなっていました・・・
そこで、既存のユニットトイレを先行して解体させて頂き、排水の位置や壁の中の構造を確認し、それからお客様とトイレのプランのご提案やお打合せをさせて頂きました。
解体から約24日間の期間、2階のトイレが使用できませんでしたが、こういったケースは、1階のトイレがあるからできるお話しです。
造作カウンターへベッセル型の手洗い器を設置、その為の給水・給湯・排水の配管はカウンターの最下段の中に隠し、メンテナンス用に扉が取外しできるようにしました。
コーナータイプの便器から、直線的なレイアウトへ変更して明るく、お洒落なトイレのリフォームが完成しました!

取扱いメーカー

TOTO

浴室

サザナ1220

TOTO

洗面化粧台

オクターブ 90cm幅

パナソニック

手洗器

アクアファニチャー

TOTO

トイレ

ネオレストRH1

TOTO

2Fトイレ

ピュアレスト

TOTO

ウォシュレット

アプリコットF3A

Scroll to Top