【戸建て】リフォーム屋さんが、見て見ぬ振りを…|早良区I様邸

一昨日から着工させて頂いております、早良区のI様邸の浴室、洗面所、トイレのリフォームです。
戸建て住宅の在来工法で、0.75坪強(1317サイズ)でしたが、現地調査を徹底的に行ない、増築せずに洗面所側へ広げることに。

【戸建て】リフォーム屋さんが、見て見ぬ振りを…|早良区I様邸

工事前の浴室です。
実は、シャワー混合水栓からお湯が漏っており、お客様も困られているのに、競合したリフォーム会社は現場を見ても、知らんぷり…最近ではよくあります。私自身、実際にあった事例で言えば…
◉トイレの便器が割れて、少し漏ってる…
◉洗面化粧台のボウルが割れて、少し漏ってる…
◉ウォシュレットから、少し漏ってる…
いずれも大量ではなく、少しずつ漏ってるので、お客様なりにバケツや雑巾などで応急処置をされてることも多いのですが、仮にもリフォーム会社の人間が現地調査などに来て、不具合を見て見ぬ振りをして帰ることができることが、信じられません…
その場ですぐに、治したり、処置したり出来ないのなら、一体何屋さんなんでしょうか?
リフォーム屋さんが来て、すぐに処置しない…
お医者さんが来て、血が出てるのに知らんぷりして帰りますかね⁉︎
おかげさまで、そういう現場はほとんどご契約を頂けます。逆に言えば、他社が酷いのです。うちが凄いのではないのです。
ですから、うちの営業マンは大抵の修理や取り替えなどの施工が出来るので、セールス・エンジニアと呼んでます。
ボヤキと自慢話はこの辺にして、今日の現場日記を。

【戸建て】リフォーム屋さんが、見て見ぬ振りを…|早良区I様邸

初日、バスルームの解体。

【戸建て】リフォーム屋さんが、見て見ぬ振りを…|早良区I様邸

間仕切り壁に、柱があることは承知の上!

【戸建て】リフォーム屋さんが、見て見ぬ振りを…|早良区I様邸

柱を撤去して、洗面所側へ浴室のスペースを広げます。

【戸建て】リフォーム屋さんが、見て見ぬ振りを…|早良区I様邸

柱間は一間(1,820mm)でしたので、強度的には問題ないのですが、一応は柱を撤去したので『助梁』を入れて、約H=280mmの梁にして補強しました。

【戸建て】リフォーム屋さんが、見て見ぬ振りを…|早良区I様邸

床下では、鋼製束で土台を移設して…

【戸建て】リフォーム屋さんが、見て見ぬ振りを…|早良区I様邸

給水、給湯、追い焚き配管は、既存のものは一切流用せずに、給湯器から全て新しい配管にしました。さすが、エースの設備担当の浜地の仕事ぶりです(涙)
お客様には、見えないところ、分からないところだからこそ、手を抜かないどころか、今以上の施工をやってくれる我が社の職人達に、今日も感謝です。
来週の月曜日、システムバスルームの組立工事です。一坪(1616)にバスルームが広がるのを、誰よりも私自身が一番楽しみにしています(笑)

Scroll to Top